いわゆる”世間”の差別認識の問題

 

普段のブログとは全く関係のない話になるが少し聞いてみたいことがある。

 

先日、「怒り」と言う映画を見た。映画自体も良かったのだが、この映画では妻夫木聡綾野剛が恋人役で出演していることも、公開当初話題になっており、知っている人も多いと思う。

 

近年、BLモノのドラマが人気になり、BL漫画が実写化されたりと、世間のBLへの許容、そして人気が高まっている傾向にある。そもそもBLに限らずサブカルチャー的なものがメインカルチャーになっていっているのが今の世の中の傾向なんだと思う。

 

 

多分大きな理由は、インターネットの普及で弱い者の意見が力を持ち始めたことだろう。美形同士の絡みとかって実は潜在的に女子は好きだと思う(もちろんダメな人もいるだろうが)んだが、今まで、強い意見としてどこか「ホモとかキモい」みたいな意見があって、そういうものとして育っている人がカーストの上位を占めていたから、BLはサブカルチャーだった。だが、近年、そういうサブカルチャー好き同士がSNSで知り合ってコミュニティを大きくしていること、そして、LGBT差別撤廃への世間の動きのせいもあり、大声で「ホモがキモい」とか言えない世の中になったことから、そういうドラマが世間に許容されていっているんだと思う。

 

ぶっちゃけ言うと、私は、こう言うドラマ(多くの人が、最近流行ったBLのドラマって言って思うだろうやつ)は好きではない。ゲイが逆にいじられている感じがするのだ。ゲイの人だって、好きでゲイでいるわけではない。だからこそ、もちろん差別されるべきでもないが、かと言って、嫁のいるイケメン俳優同士が絡んでいるのを楽しんで、BLいいでしょ!みたいな、見世物のようになるのも違うんじゃないかと思う。まあ正直これは感覚的なことで、批判するようなことでもないのだろうが。私自身腐女子だが、こう思っているので、いくらBLが世間に許容されようと、自分の趣味(特に三次元)をおおっぴらにするつもりはない。どこのペアが仲良しで可愛いみたいな話はするけどね。本気の恋愛的な話。男女のカップルだってあんまり「ここ付き合えよ!!」って言いすぎるのは良くないのでまあ普通の話です。

 

話を戻すが、こう言ったことから、世間的に「ホモがキモい」とか、そう言うことを言う人って減ってるのかなって勝手に感じていた。別にBLを許容しろとかじゃなく、「ゲイの人もいるのは分かってるよ」くらいの認識の人が多いと思っていた。あ、さっきからゲイの話ばかりするけど一番わかりやすいから言っているだけでLGBT全部における話です。

 

「怒り」のように、BLが主軸ではなく、ただただ登場人物にゲイが出てくる、と言うか登場人物の男性の愛した人が男性なだけの映画やドラマも、いくつかあると思う。個人的な感覚では2000年前後くらいまでは結構そういうのを題材にしたものってあって、例えばKinKiが出てた人間失格だとか、太一くんがウエディングドレスを着たことで有名な同窓会だとか、三宅健主演のネバーランドでも少し出て来ていた。当時は子供だったので、そのころの世間の傾向とかはわからないし、言ってもジャニーズ、美形の絡みでキャッキャする目的もあったかもしれないが、この3作品とも結構シリアスに描かれている。男性が男性を襲うシーンなんかもある。

その後、BPOが厳しくなったりしたのかわからないが、あまり大きなドラマや映画では見なくなったように思う。私が知らなかったならごめん。

 

そして近年、また増えてきた。LGBTに寛容になったからか、ゲイが、いくつかある恋愛の形のひとつとして、描かれるようになった。LGBTが認められつつある世の中で、「それを楽しむ」目的ではなく「ストーリーの一部の恋愛模様として」描かれているわけだ。

 

だが、ある男性は、それを「無理だ、見られない」と笑って言った。

 

確かに、「怒り」では結構過激なシーンがある。男性には厳しいのかもしれない。私も別に男性同士が裸で抱き合っているのを見て嬉しいみたいなタイプでは全くないので、こっぱずかしさというか、そういう意味での目を背けたさはあったけれど、それは男女だろうが女性だろうが同じことだ。というか、「怒り」にはもっと目を背けたくなるシーンがある。

 

なんとなくだが、その男性の言葉には、「ホモなんて気持ち悪い」という感情が見えた。多分、本人に差別意識とかを聞けば、「ゲイが存在していることを否定するつもりはない。見たくないだけ。」と言うと思う。確かに、性的少数派で自分とは違う人間のそう言うシーンをわざわざ見たくもないと言うのも間違った意見ではない。だけど、こういう人間が、飲みの場で「お前ゲイかよ!気持ち悪!」って言って知らず知らずに誰かを傷つけているんだろうなぁ、と思った。そして、多分そういう人は多いんだろうなぁと。

 

性的マイノリティだけを擁護するつもりもない。例えば以前男性に迫られたことがあって…とかでPTSD的にゲイに拒否反応がある、とかそういう人にまで強要するつもりもないし、そうでなくとも「ゲイを理解するために見ろ」とかそういうわけじゃないんだけど、何だろうなぁ。でもそもそも男女の性差もあるとは思う。男性は「襲われる」恐怖って普段はないから、襲ってくるかもしれない数少ない存在であるゲイ(そういう考えが差別的ではあるんだけど)に気持ち悪さ、恐怖、を抱くのかもしれない。

 

やっぱり、世間的にはゲイとかレズビアンって「気持ち悪く」感じるものなんだろうか。LGBTが認められつつあると言っても、「差別になるから言っちゃいけない」と思う人が増えただけで、みんな気持ち悪いと思ってるの?