堂本剛 東大寺LIVE 2018 レポ

大変遅くなりましたが、9月15日に東大寺で行われた堂本剛 東大寺LIVEのレポです。

 


f:id:stkkthc:20181002114432j:image

 

 

2018年9月15日。東大寺

記念すべきライブだった。

 

 

 

はじめに

 

注意書きをしておくと、とっても素晴らしいライブだったし、とっても意味のあるライブだった。堂本剛さんはじめミュージシャンには全く罪はない。本当に素晴らしかったしとっても素敵だった。が、少しだけ、棘のあるレポになってしまうだろうと思う。

素敵なライブ、それも奉納ライブという意味を考えると本当に、こんな風に思ってしまう自分に嫌気はさしているが、嘘もつきたくないので。そういった内容は全て最後の見出しにまとめたので、純粋にライブの話が見たい人はそこまでで閉じてもらいたい。

 

また、ライブの性質もあり、セットリストを順を追って…剛くんの言葉を一言一句…と言ったタイプのレポではなく感想が主だったブログになることをお許し願います。

 

 

魂を感じたFUNK

私はFCでの復活当選だったので、席はあまり期待していなかったのだが、ほぼ真横の席。復活なのでほぼ音だけの覚悟もしていたが、角度が悪いだけで肉眼で剛くんの顔もしっかり見えたし、悪くない席だった。1つ残念だったとすれば、大仏様は全く見えなかったことぐらいだ。

 

そして、スピーカーとモニターのほぼ真横だった。だから剛くんが奥に行った時の映像なんかは大モニターで見れたし、スピーカーがとても近い(ちょっと近すぎる)ので物理的にも体で音を感じられて、FUNKを聴くにはとってもいい環境だった。特にバスドラムの音は心臓をついてくる感じ。一曲目からいい意味でゾワっとした。 

 

”貴重な”時間でありライブであった

 

演出は、かなり大仏様を意識したものになっていたと思う。もちろん、それだけ意味のあるライブだったのだ。

大仏殿の中にまで照明は凝られていて、音に合わせて大仏様の表情も変化しているような感じがした。存在感も圧倒的だ。

 

東大寺の大仏様は、8世紀に奈良の都、そして日本の平安を祈って建立された。そこには、現代まで続く多くの人の祈りと、魂が宿っている。私は関西の出身なのもあり、東大寺には何度か足を運んでいる。それこそ幼い頃は鼻の穴を通った。しかし、たいして宗教に興味のない現代日本人の私にとって、今まで見てきたときは大概、大きいなー、昔の人すごいなー、みたいなことばかりで。この日の昼に参拝したときもまだ、そうだった。

 

しかし、ライブ中の大仏様は違った。そこには確かに今までずっと奈良を、日本を見守ってきた偉大な、大きな方がいらっしゃって、剛くんのライブを、見守っておられた。大きな魂を、確かに感じた。

 

演出の中で、剛くんやスティーヴエトウ氏が大仏殿の中で大仏様と向き合って演奏を納めるシーンがあった。そこでも、大仏様が、しっかりと彼の、彼らの想いを、音楽を聴いているのを、なぜだかはっきり感じていた。

 

 

SONGSの特集でも流れていた通り、ラストで歌われたのは、街。これまでの音楽とは全く違った空気が流れた。

 

この曲は、若い頃の剛くんが、自分自身の想いをありのまま綴った歌だ。それでありながら、現代を生きる人々へのメッセージソングとも言えると思う。

 

そしてまた、今、病気と闘う剛くんの想いも乗せられて、奈良の街に響いた。

 

そして終盤、剛くんは涙を見せた。そこにどんな想いがあったのか。もしかすると、そのとき既に今年の年末年始のコンサートができないことを知っていたのかもしれない。

 

客の中にも、涙を見せる人は多かった。

 

街を歌い終えた後、剛くんからの言葉があった。

 

彼が今、病気と闘いながら感じていること。息苦しいこの世の中の事。私自身、ちょうどいろいろうまくいかず悩んでいた時で、とても心に響いた。素敵な時間だった。

 

私は堂本剛の考え方は、正直、今まで、あまり共感できないというか、悪い言い方をすると宗教みたいな、そんな気がしていた。だが、真逆なのだ。何も考えない…というと聞こえが悪いが、今の現代社会が変なしがらみにとらわれていることを、彼の話や歌を聴くと思い出させてくれる。自分に正直に、ありのまま生きることなのだ。

 

そして、皆で大仏様に合掌した。

皆がそれぞれの想いを載せて。そして、剛くんの病気の回復を願って。

 

 

 

※以下少々注意

 

 

堂本剛はどうあがいてもKinKi Kidsであり、ジャニーズなのかもしれない。

 

 

今回のライブで、残念だったことがいくつかある。まず一つは、着席だったことだ。

私は立ってみたかったので前半は立っていた(後ろの人も全員ではないが立っていたし、隣も立っていたので邪魔ではないと判断した)。しかし、中盤に差し掛かる頃だろうか、私より後ろが隣含め皆座っていたことに気付き、さすがに座った。

 

周囲を見渡すと隣のブロックはほとんど皆立っていた。一応言っておくがブロックとしては一番後ろである。モニターでも立っているところと座っているところがまばらなのがわかった。個人的には後ろの横からなので立ったほうがよく見えたし、全身でFUNKを感じたかったのだ。

 

まあこれは正直私のわがままかもしれない。奉納ライブという性質を考えて平安神宮でのライブも含めて座ってみるべきという意見もある。確かに、傾斜のないところに臨時で作った席だから、着席でないと身長によっては厳しいのも理解はできる。

 

もう一つ気になったのは帰りだ。

 

ライブの最後の語りで、剛くんは、「奈良は静かだから、迷惑のないように。自然の声を聴きながら帰ってくださいね。」と言ったのだ。それがどうだ。

皆それぞれ感想を語らうのに必死で、自然の音を聞こうなんて雰囲気はまるでなかった。まあ、コンサート終わりに静かにしろというのは難しい話だろうけど、着席の話では神聖な奉納ライブが云々言っておいて、さっきまでしんみりした空気で剛くんの話を聞いて涙を流していたのは何だったんだ。東大寺から近鉄奈良駅までの道のりに地下道があるのだが、声が響く響く。正直、すごくイライラしていたと思う。

 

 

原因、と考えると、やっぱり堂本剛のファン層はジャニヲタで、KinKiと同じくおばさまが主なのだ。もちろんKinKiの時より比率は少し変わっているけど、やっぱり主な層は変わらない。

堂本剛のソロライブ、となると、ちょっとした偏見だが、なんだかお洒落な人が多いんだと思っていたんだ。FUNKミュージック好きってそういう感じかなって。でも全然そんなことなくて、いや、もちろんお洒落な方はいたしお着物の方とかも見かけたんだけど、なんていうかな、拍子抜けしたというか。

 

いや、私もジャニヲタなのだ。FCからチケットとってるし、人のことは言えないのだ。でも、このままの雰囲気だと、夏フェスとかでせっかく堂本剛の音楽に興味を持ってもらえても、なかなか行きづらいんじゃないだろうか…

 

私自身がもともとロックミュージックのライブに行くのも好きだからかな。郷に入っては郷に従えじゃないけど、普段はいわゆる女子大生の服だろうと、ライブはTシャツにジーパンだし、コンサートも、KinKiは清楚系ワンピとかで行くけど、キンプリなら担当色身に着けてうちわ掲げるし。光一さんの舞台に行くときはきっちりした長めのスカートにするし。その理論で行くと、剛くんのライブは、もっとなんかこう、洒落た、でもそこそこ動けるようにスニーカーで、っていうイメージなのだ。いや、めっちゃ自分勝手なこと言ってるんだけど。見た目なんて関係ない、縛られちゃいけない、ましてや他人が決めつけるなんてって一番剛くんが言いそうなんだけどね。でもさ、主婦です~って感じの人に、堂本剛の音楽わかってんの?FUNKわかってんの?って思っちゃうのよ。私だって夏に剛くんに会いたいと何度も思ったけど、剛くんの音楽を理解できたのが最近だから、今年初めて行ったわけで。正確には去年も申し込んだけど。その遠慮何だったんだろうなって思ったの。ごめん、本当に性格悪くてごめんなさい。「いや、主婦もおばあちゃんもFUNK好きだから行ってんだわふざけんな」って意見お待ちしてます。

 

外部の人が行きづらそう案件だと、そもそもFCチケットばっかりなのも問題だろう。いや、2人の大元はKinKiだから、当たり前なんだけどさ。このライブもそうだけど、ナイツテイルでも、みんなFCのチケットだった。私が見た限りは。仕方ないんだ。人気あるから。良いことなのかも。だけど、剛くんのライブは単純に音楽が好きな人にも見てほしいし、堂本光一の舞台は舞台好きな人に見てほしいじゃん?解決策はないんですけどね。全部一般発売にするのはさすがにFCの意味ないし、転売増えるだけだしね。でもナイツテイルなら、芳雄さんのファンクラブの人とかで最前で見た人いるのかなぁって思っちゃうし、ナイツテイルのチケットのために芳雄さんのファンクラブ入った人とか知ってるけど、終わったら退会してるんなら失礼すぎるし。話がそれた。

 

こんなことをうだうだ考えていて、思い出したのは渋谷すばるのことだった。彼が、ジャニーズをやめるという選択をして、さらに、海外に行く選択をした理由が、少しだけわかったんだ。

 

 

一度アイドルになった人が、他で評価され、平等に扱ってもらうにはきっと、それしかないんだ、と。

 

 

堂本剛は、ジャニーズにいながら、比較的ジャニーズに縛られない活動をしてきた人だ。今でも彼のソロ活動のオフィシャルサイトはKinKiのサイトとは全く別で動いている。だけど、そんな彼でも、ファンの大半はやっぱりジャニヲタなのだ。いや、私もそうなんだけどね。すばるが退所を発表したとき、剛くんのようなやり方ではだめなのかな、と思ったりもした。だけど、堂本剛のやり方だけでは完全ではないんだなあと思った。剛くんは、KinKiのことも同じように愛してくれていて(すばるがそうでないという訳ではないが)、今の両立の形をとってくれている。今の、堂本剛のライブに足を運ぶ人々をファンとして認めてくれているんだろう。だからきっと、私がどうこういうことではないんだけど。でも、きっと彼が、KinKiは思う存分やったからこれからはFUNKで純粋な評価を得たい、アイドルとして自分を応援されるのはもういい、と思ったなら、すばると同じ選択をしたと思うのだ。なにも剛くんだけではない。ミュージカルや舞台、俳優など、いま様々な分野で活躍するジャニーズ皆に言えることだ。いや、アイドル活動をする人皆に言えることだろう。

 

 

 

なんだか重たい話をしてしまった。

 

誤解ないように言うと、この日のライブは最高だったし、剛くんやバンドの皆さんが与えてくれた音楽と時間はとても素晴らしかった。だからこそ、余計な事を考えてしまった、というお話でした。おしまい。