2018年、失うものが多すぎる。

お久しぶりです。バタバタしていたり、気持ち的にもなかなかブログを書く気になれず、気がついたら1ヶ月経っていました。

全く更新のないブログにも関わらず、読者登録してくださった方や足を運んでくださった方が一定数いたことに驚きました。皆さんありがとうございます。

更新していない間に、堂本剛さんの東大寺Liveと堂本光一さん、井上芳雄さんのミュージカルナイツテイルに行きました。その感想・レポも近いうちに更新したいと思います。が、まずは。

 

ジャニヲタの皆様、生きてますか。

 

あれは、ちょうど友人と旅行へ行ったので日付が変わる前に就寝し、朝早起きした日でした。朝が弱いのでいつもならすぐには起きない私ですが、LINENEWSの通知を見て飛び起きました。

 

タッキー&翼、解散ー

 

私は根っからの事務所担でして、外野から「最近ジャニーズやばいんちゃうのw」って言われるのが1番嫌いでした。最近よく言われていましたからね。でもこの時ばかりは思いました。

ジャニーズ、やばいぞ、と。

 

 

2018年の波乱

 

思えば全ての始まりは、岡田准一の結婚だったのかもしれません。少なくとも私はそうでした。宮崎あおい岡田准一が付き合っていることも、結婚するだろうことも何となくファンも分かってはいました。ですが、クリスマスイブのあの日、その報告がなされるとは、きっと誰も思っていませんでした。

岡田准一が俳優としてより認められていることも、V6の現在の活動が世間的にはそこまで知られていないことも、つまり世間から見て岡田准一がアイドルとは見られておらず、本人もどちらかと言うとアイドル的支持より俳優としての立場を重視していることも何と無く分かってはいました。だけど、ファンからすれば岡田准一だって1人のアイドルで、いわゆるリアコまでいかなくとも、キャーキャー言っていたい存在なわけです。三宅健の言葉を借りるなら、V6にとって岡田准一は「オカダ」で、Vクラにとっては「准くん」です。結婚というのは、なかなか認め難いものです。

 

例えどんな人でも、ファンからはなかなか認め難いものです。おちゃらけたキャラクターのイノッチでも、発表したコンサートでは折り捨てられたうちわがあった…と言う話を聞きますし、何より最近コンサート発表が減っているのはそう言う理由かなとも思います。夢見に来てるのに現実見せられるのは確かに勘弁だわ。ファンに一番に、と言う気持ちは嬉しいですが、いまのFCに指定郵便で届くのが1番いいでしょうね。

 

ちなみに私は、一通だけ、長野博の結婚報告の手紙だけ持っています。

 

彼は、かなり珍しく、祝福の声の方がかなり大きかったメンバーだと思います。歌番組でメンバー含めジャニーズメンバーから胴上げされるなんて、非常に珍しいケースです。それが許されたのはやはり彼の人柄かと思います。周囲の長野くんファンも、大々的に落ち込む、怒る人よりはおめでとう!と言う人ばかりでした。私自身も祝福したし、今でももちろん祝福しているし、とてもお似合いだと思うし、長野くんが幸せでいてくれることを望んでいますし、あんないい人が売れ残る世の中おかしいと思うし、遺伝子残してくれてありがとうって思っています。だけど、長野くんから手紙をもらってから、FCは更新しませんでした。V6は好きだし、見るとやっぱカッコイイんだけど、キャーキャー言えなくなったんです。長野くんに対してカッコイイとか結婚して…とかダンスがエロいだとか、冗談でも言えなくなりました。大好きだからこそです。ファンだけど、ヲタクではなくなりました。

 

岡田准一も同じだと思います。最近、俳優として認められている岡田准一から入ってV6のファンになった人よりも、20年選手とか、デビューからずっと、みたいなファンの方が、逆に、怒っているのを見かけました。

だいたい皆の言っていることは同じでした。岡田准一が、アイドルであることを、アイドル岡田准一のファンがいる事を、重要視していないことが、はっきり分かった、と。

 

 

そうは言っても、まあ、結婚発表の日がクリスマスイブだっただけですしー宮崎あおいさんとのスタートも色々あった点もありますが一応片付いた話としますー実際俳優としてあそこまで認められているわけですから、世間的にはそんなに悪い話でもないかもしれません。失望したのは、アイドル岡田准一に期待していた、大好きだった人の一部ですし。

 

ですが、V6としては、そこから森田剛へと続いたのが痛かったなぁ、と思います。

 

本当にこれは感情論で申し訳ないとしか言えないのですが、森田剛の結婚はいまだに手放しで祝福できていません。ちょうど結婚した頃から始めたいまのパーマの髪型の森田剛を見ることすらあまりできない状況です。理由を正当化してここで述べることもできなくはないですが、根底は本当に感情だと思うので控えておきます。まあ、森田さんに関してもアイドルの自覚とかそう言う話はありますが、それは今回の結婚に限った話ではないし。

 

 

世間的に、「今年ジャニーズヤバイ」って言うと1番初めに上がるのは、やっぱり渋谷すばる関ジャニ∞脱退および退所でしょう。

きちんとした関ジャニ∞からの言葉があったこと、マイナスの意味ではないこと等はありますが、やはり、ジャニヲタ、エイターにとってはすばるを「失う」わけで。

会見後すぐにも色々思いましたが、今、関ジャニ∞がほぼ6人で活動している現状を見ると、どうしても寂しい。

 

ですが、先日の剛さんのLIVEや光一さんの舞台を見て、少しすばるの意思の意味を感じました。ジャニーズでいることの、弊害、と言うのでしょうか。そして、海外と言う選択の意味。

 

 

 

 

そうは言っても、すばるの件はただ単に悪いこと、ではなかったです。そんな矢先に起きたのが山口くんの事件。このことに関してはあの時にブログにしました。

 

www.stkkthc.com

 

 

あれからしばらく経って今思うのは、やっぱり寂しさでした。失望もしたし許してはいけないことだけど、TOKIOの音楽を聴いてるとどうしても彼の優しい歌声を聴いてしまうし、もう聴けない寂しさがこみ上げてくるのです。

 

 

そして、事件は続きます。

 

www.stkkthc.com

 

 

 

かつてNEWSに救われたこともあるし、NEWSに無くなって欲しいなんて思わないけれど、やっぱり、どうしても、小山さんは復帰は早かったし、どうしても、またやるんじゃないかなって思っています。手越も。手越祐也はコンサートでのパフォーマンスとかファンサービスはトップレベルかもしれませんが、やっぱり推せはしないタイプです。私は担当贔屓で加藤シゲアキは擁護したいけど、やっぱり彼は小山さんと仲良いのは変わらないとも思います。この件でまっすー可哀想、まっすーだけが…みたいな話が増えましたが、それはそれできっとまっすーも望んでいないし。難しいですね。

 

 

 

ここからは私も記事にはしていないですが、岡本圭人の留学も決まりました。

 

ですがこれは正直、良かったと言う人が多かったのでは。週刊誌では脱退と言われていて、すばるの時を彷彿とさせましたもんね。自身が大学を中退していたこと、その分のけじめをつけたい、成長したいと言う想い。正直、ずっとパッとしなかった彼にとってはいい機会になるだろうし、きっとちゃんと成長して帰ってきてくれると私は信じています。しばらく8人になるのは悲しいですが…

 

 

そんなこんなで、今年のジャニーズは正直グラグラでした。そんな中でのタッキー&翼の解散。

 

これも、悪いことじゃないんです。いや、悪いことだけど、本人とか事務所とかの問題じゃない。多分1番大きかったのは翼の病気で、翼が辞めたいか辞めなければならないと言う話になった時に、タッキーは、共に去ることにしたのだと思います。

本当に仲良しで、お互いを想っているからこその解散、2人ともこの世界を一旦去る、そう言うことだと思います。

 

どこかでずっと信じていました。いつかまた見れることを。翼がジャニーズ舞台に立つことを。

 

堂本剛くんの耳の病気が出た時、タッキー&翼のファンの方が元気付けてくださって、翼の再発時はお互い回復を祈って行きましょうね、って言っていました。剛くんの耳が少しづつ回復していて、今まで通りとは言わずともLIVEもしてくれていることを、本当に感謝して行かないといけない、と思っています。

 

 

もちろん、悪いことばかりではない

 

今年、大きないいニュースが2つありました。

 

まずは2018年も始まって早々、KAT-TUNの充電終了です。過去にもちらほら書いていますが、私は4人時代に一時期KAT-TUNにハマったものの田口さんが抜けて結構落ち込みぐちぐちしていたクチだったので、3人なんてやってけんのかいと思ってたけど、この3人、試練乗り越えすぎて二次元キャラみたいな絆だし、めちゃくちゃかっこいい。あと、AskYourselfの初回盤買って豪華すぎて焦った。

何より、充電からちゃんと帰ってきたことがタッキー&翼の希望にもなる…と思ってたんだけどな。なんにせよ、KAT-TUNはものすごい希望だと思っています。

 

 

そして、4年ぶりのデビュー、King & Prince。華々しい。

ザ、王子様すぎてこっちも二次元。KAT-TUNは少年漫画だけどキンプリは少女漫画。そもそも歌とダンスのレベルが高すぎる。デビュー時の完成度じゃない。そりゃまあそこそこの苦労人だからこそなんですがね。

 

 

他にもSexy zone24時間テレビだし、今年からマリウスもカウコン出られるし、冠番組はかなりグループの色が出てきてるし。

細かく挙げるとキリがないですが、悪いことばっかりじゃないです。ニノとキムタクの共演とかジャニヲタ的には歴史的第一歩ですしね。

 

 

 

 

 

結局、私はこのブログを書いてどうしたかったのでしょうか。多分自分の中のモヤモヤした悲しみとか寂しさを整理したかっただけですかね。もし良かったら、皆さんも色々吐き出してください。ジャニヲタ、頑張りましょう。今こそ愛を見せる時!笑