元SKEオタから見た第10回選抜総選挙

はじめに、今朝大阪で地震があったとのことで。関西出身者として他人事とは思えず心配です。被災された方の無事を祈ります。

 

 

さて、今日は土曜日に開催された選抜総選挙の話をしたいと思います。

はじめに言っておくと、

  • 2014年頃までSKEガチヲタだった
  • 高柳明音ちゃん推し、都築里佳ちゃん2推し
  • 48グループ全体もその頃までのメンバーならだいたいわかる
  • それ以降はライトヲタの在宅という感じ、推しは変わらずSKE
  • 選挙当日は予定があったため翌日になって結果とスピーチ内容をさらったが動画で全部見たわけではない

という人の一意見でございます。

 

SKEのワンツーフィニッシュ

まず、珠理奈1位おめでとう。あかりん2位おめでとう。これは単純に思います。

松井珠理奈は、ずっと1位にこだわってきました。ずっとAKBのライバルのつもりでSKEを引っ張るつもりで、10年間やってきて、SKEを第1党にだとか、SKEを盛り上げるために、センターである自分がよりいい場所に行くことにこだわっていました。その珠理奈が報われたことは素直におめでとう、と言いたいです。

須田亜香里に関しては本当にすごいの一言です。選対*1の本気度も桁違いで、資金を集めて投票権を買い取り、機械を使ってスピーディーに投票をすると言った活動をしている様子も見られました。ライトなヲタクも自らCDを買わずとも出したいと思うお金だけ出せばいいし、握手目的でCD買ったけど投票しない人(今年は指原ゆきりんさや姉と言った不出馬人気メンバーも多くいたので多かったことでしょう)は比較的高く買い取ってくれる須田亜香里選対に売ればいいからwin-winみたいなのも見ました。ここのアイドルとファンの関係は本当に特殊で、そこまでファンにさせるのはあかりんにしかできない能力です。

 

さくらたん

私が結果を見て、SKEがワンツーだったと聞いた時、真っ先に思ったのは「さくらたんは?」でした。

宮脇咲良ちゃんは真面目な子だと思います。UZAで初選抜に抜擢されたあたりの彼女は特によくそう言われていました。今年も、指原莉乃のあとを継ぎたい、そして休養中の同期はるっぴの思いも担いたいと、1位にこだわっていました。

昨年、彼女はAKBにいる限り総選挙からは逃げるべきではないというようなことを言っていました。ですが彼女は今年で総選挙を辞めるというスピーチをしました。

 

正直、どんな強い人でもかなり辛かったと思います。かねてから今年の選挙は松井珠理奈宮脇咲良かと言われていたところでの3位。それだけでなく、珠理奈からかなり色々言われていたようなことも話題になっています。事実なら珠理奈はひどいかもしれんけど、珠理奈がこの10年間背負ってきたものを考えると分からなくもないというか…元からそういうタイプの珠理奈、更にちょっとおかしくなっちゃってるんだろうなっていうのが私の意見です。最後の記念撮影も過呼吸のため参加できていませんし、最後にライバルとして紹介されながらも自分は2位でなく3位というのも辛かったと思います。

 

ただ、来年も彼女には出て欲しいと思うのです。彼女自身が言った「このグループにいる限り総選挙から逃げてはいけない」ということもそうですし、今の雰囲気からしても、来年さくらたんが出れば1位取れると思うのです。このまま珠理奈に連覇させてはいけない気がします。珠理奈も必死になりすぎていて。10年間選抜にいた意地が強く出すぎていますよね…彼女にも楽になって欲しい。そのためにさくらたんにもっと大きくなって堂々奪い取って欲しい。

来年さくらたんが1位をとったとして。岡田奈々ちゃんやおぎゆかにももっと迫ってきてもらって。グループのトップが1位を取り合う図が見たいです。これまで、指原莉乃渡辺麻友には叶わなかったSKEの夢を、今年やっとーもちろん2人がいないからなんですがー叶えさせてもらいました。次はそういう時代かなと思います。ただ…須田亜香里に関しては正直分かりません。彼女が出るならばファンはまた頑張ります。彼女が1位になることは端っこからでも頑張る勇気にはもちろんなるけれど、何かが壊れていくような気も…しますよね。

 

今は…彼女と珠理奈の大きな差は、近くに偉大な先輩がいることでしょう。指原にたくさん話を聞いてもらって元気になって欲しいと思います。

 

なこみく

矢吹奈子ちゃんと田中美久ちゃんが9位と10位で揃って選抜入り。かつての松井玲奈松井珠理奈を思ってしまうのは私だけではないかと…

このまま2人で切磋琢磨して欲しいなあというおばちゃんのたわ言。

 

 

SKEとNMBの圧倒的な結果の差

以前から言われていることですが、SKEは選挙が強いです。母数は圧倒的にAKBが多いのに第1党を常に争っているあたりからも分かるでしょう。HKTも強いですが。しかしそれが単に人気があるからではないということはNHKの夢の紅白選抜の時に明らかになりましたよね。まあファンなら薄々知っていたけど明確になったのはこの時だと思います。理由としては単に熱いから、だと思います。特に私の好きだった頃のSKEはファンもメンバーもアッツアツでした。よく「どこぞの石油王が」とか「中国の資産家が」とか言いますがマジでそんな感じで、SKEのガチヲタ、特に選挙にかけてるタイプのメンバーのヲタクは人生捧げて年収を総選挙に捧げています。だから正直それ程の人気や知名度がなくとも選抜に入る子も多いのです。

今回の総選挙はNMBは大敗北とも言われました。選抜も吉田朱里だけで、全体でも9人とNGTより少ない結果になりました。*2ですが正直、一人一票だったら吉田朱里ちゃんが1位になってもおかしくはないと思います。

 

私は総選挙のCDを買えばそれだけ投票できるシステム自体にそこまで文句はありません。単に「この中から誰に入れるか」ではなく、それぞれのメンバーに対する思いから「今年はこの子にどれくらい入れるか」という幅があるのは面白いことです。「俺はこの子に感動したから100万円貢ぐ!!!」というのはその子が100万円ぶん頑張ったからであって、それには「何も頑張ってないけど可愛いから1万円あげちゃう」おじさんは100人いないと並べないわけです。複数投票自体にはこう言った意味があると私は解釈しています。ですが、同じだけ貢ぎたくてもお金がない学生ファンが多ければ不利ですし、男女差もあります。つまり、1円の価値が人によって違うことが問題なわけです。全ファンの一票に対する時間やお金を含めた価値が同じであれば、複数投票も面白いことになります。まあ、トンデモ理想論ですがね。

話の流れで誤解されそうなので先に言いますが吉田朱里ちゃんは1万円おじさんがいっぱいいるというわけではないですよ。彼女は頑張っていますが、YouTubeという比較的ファンがお金を落としにくいコンテンツでファンを獲得しているから単価が低いだけです。それなのに選抜、しかも連続という点で彼女はかなりファンが多いと思ってます*3NMBは関西ということもあって、男に媚びるタイプより同姓から好かれるタイプが多いから、総選挙というシステムでは不利なのだと思います。

 

また、現在その投票の方向が「アイドルとして誰が好きか」だけではなくなっています。例えば今年なら、ナゴヤドームでSKEも10周年、珠理奈に有利な環境でした。その他にも誰かが「私は出ないから私のファンは○○に入れて」ということも可能だし、例えば須田亜香里選対はその気合いはすごいけどずるくない?と言われればずるいです。また、特に推しがいない大金持ちが面白いことしてみたくて無名な子に全投資することもできるわけです。まあそのような理不尽は世の中よくあるわけですが、このように大々的なイベントであって、かつ女の子の人生を大きく変えるようなイベントとして、良い状態とは言えないでしょう。

 

ちゅりちゃん。

推しの高柳明音ちゃん。連続での選抜を目指し、10位を目標としてきた彼女の順位は18位でアンダーガールズ。順位は落としても得票数は上がるメンバーが多い中、少し票数も下がりました。

それに関しては残念ですが、実は私は悔しがれる立場にはいません。投票していないからです。何でやねんと思われそうですが…端的に言うと色々見ていて、投票しよう!と思えなかったからです。

ただ、彼女はずっとこの位置をキープしてきました。たまに選抜入りもしていますが、だいたいアンダーガールズの上の方。でも正直、これが1番合っているのかな?という気もしてしまいます。

 

SKEは若い子がなかなか伸びません。今年やっとアンダーガールズ北川綾巴荒井優希、菅原茉椰が入ったけど、いつもその辺り止まり。言ってもその辺りも20歳とかで、なこみくと同い年の次期センター小畑優奈はネクストガールズ。そう思うとなこみくを選抜に入れてきたHKTは未来が見えてる気がします。

そうすると、やっぱり柴田阿弥ちゃんのような辞め方もあると思うのです。現状、総選挙出ないけど卒業しないメンバーが増えていて、正直あまり総選挙選抜の意味もない気がします。その中で意味があるのって、やっぱり話題になる1位周辺と、初ランクインとか、支店選抜にも入っていない子を押し上げようとか、そういうことだと思うわけです。だいたいいつも同じところでくすぶっている子で、年も上がってきていると正直あまりメリットはないかと思います。強いていうなら最後の総選挙という文句で、今年大場美奈はそれで勝ったわけだけど、それもちゅりちゃんは多分もう使えません。

 

かつては、JRAとして(珠理奈、玲奈、明音)SKEの3番手をずっと担っていたし、人気も3番手でした。そういう意味で、玲奈なき今、珠理奈に続いてAKBの選抜に入ることで自分の位置を確保したい気持ちは分かります。アイドルとしての彼女をもっと応援したくて、私がお金持ちなら、投票したと思います。でも、今の彼女はここでくすぶっている子ではないと思うんです。

実力は十分あります。知名度は世間的にはなくても、48ファンならそれなりにあるのでは。事務所にも既にエイベックスに所属しているし、仕事もそれなりにもらえる。

 

正直、今のAKB48にアイドルとして必要とされているか?というと微妙だと思います。かつてはリーダーという立場もありましたが今はありませんし。

自分のためにのし上がるとなると、あかりんやさりーちゃんのようなことになります。でも、あかりんでもここまで来るには選抜に入ってからも長かったし、2人とも神7なのに選抜落ちとか経験しているわけで。今からちゅりちゃんがその道を辿って知名度を得るのはかなり難しいと思います。

 

そんなこんなで、投票もしなかったし、彼女にとって総選挙が大切だとは思えなかったんです。もちろん、彼女が10位目指して一緒に頑張ろうって言っている中で勝手にこう言った結論を出すのはファンとしておかしいかもしれませんが、私はそう思いました。

 

 

 

こんなもんが今年の総選挙を見た元ヲタの気持ちです。あとは…みこってぃおめでとう、真木子が残念だな、、といったところかなあ。

 

前から分かってたけど、総選挙はいいもんじゃないよね。

*1:そこそこ人気のあるメンバーにはそれぞれの選挙対策委員がつき、主にTwitterや握手会等で選挙のよびかけを行なっています。多くはモバイル等の投票方法をまとめたり画像を作成してファンを奮い立たせたりと言ったことが目的ですが、本気度が高いと本格的な活動が見られる場合もあります。

*2:余談ですが新潟は栄っぽいとこあると思います。おぎゆかと本間日陽ちゃんの連続選抜からしても。特にその2人のファンがかもしれませんが。

*3:やはり少ないファンが1度貢ぐと翌年失速することは多いので、安定感があるのは比較的数も多くないと厳しいと思うので