山口達也に失望した話

あんまり蒸し返したくもないけど、今の気持ちとして。

※結構酷いし、辛すぎてふざけてます。

 

 

山口くんの一件が報道されてから、2週間が経った。いろんなことがあった。

 

正直、最悪の結果のような気がしている。

 

聞いてすぐに書いたブログはこちら。

 

www.stkkthc.com

 

 

ここにも書いているが、山口くんの魅力は「近所にいるいいお兄ちゃん」感だった。少し前には離婚したのに会見の好感度が高すぎるとか言われるくらいに。それに、離婚はしたけど父ではあるし奥さんともパパとママの関係は続けるみたいなこと言ってたし…

 

何かの間違いだろ、行った女の子が悪いだろ、ハニートラップだろ、と思うようにした。そうはしても、2児の父で46歳として、夜にお酒を飲んだ状態で女子高生に連絡してキスしたことに関しては紛れもなく事実だし、その時点で何してるんだ、と思って受け入れたくなかった。

 

翌日朝、ビビットで太一くんの言葉を聞いてびっくりした。

 

TOKIOのメンバーが知らされたのは昨日」「まだ山口とは連絡が取れていない」

 

涙ながらに謝罪する姿が痛々しかった。私はTOKIOにそこまで詳しくはないから間違っていたら申し訳ないのだが、平家派*1が好きだった私にとって、タイノッチが子供達で四人は見守る親的な感覚でいたので、その太一くんが山口くんのことで謝罪をする光景が苦しくて仕方がなかった。

 

中でも、上の台詞は衝撃だった。昨日マネージャーに知らされた?しかも収録の後で?そんなことあるかと。

 

 

 

その日の午後、山口くんの会見があった。

 

当日のことだとか被害者の方への謝罪とかはきっちりやっていたと思う。TOKIOにいられるなら、と言う話は確かにしていたようだ(この手の映像は苦手なので会見全文をネットで読んだ)し、あの場で言うことではなかったとは思うが、本人も「甘えたことを言っているのはわかっているが」と言っていたので、「みなさんにTOKIOの席をまた用意してもらえるくらい、許してもらえるくらい反省してきます」的なことが言いたかったのだと思う。まあそこまで言っても「また表舞台に帰ってこようなんて」とは言われるだろうから、正解は「今は謝罪と反省をするだけで、今後どうなるかはわからないし私が決められることではないと思いますので」とかかな。

なんせ、会見全体をみると受け応えはしっかりしていたと思う。

 

問題は、明らかになってきた内容。

大きかったのはお酒の問題だった。彼は全く重く受け止めていなかった。「最近は気がついたら家にいたとかお店で寝ていたとかその程度」と言った。何がその程度や。私飲食店で2年近くバイトしてるけど店でがっつり寝てタクシー案件だった人は一人しかいないぞ。連れられてフラフラで帰ったけど記憶なくしてそうな人も10人前後だわ。まあ居酒屋ではなくレストランだから居酒屋とかだともっと見るかもしれないけど、どちらにせよ酷いレベルだぞ。「お酒を飲む人ならわかると思いますが」じゃないです、お酒のむ人なら「毎回寝てまうやつクソ面倒だってことは」わかりますけど。

 

しかも酷いのは事件が退院当日だということだ。いやアルコールで体調崩したらしばらく家では飲まんでしょ。誘われてとか飲み会あってなら分からんでもないけど。飲んでもチューハイ1缶とかね?てかちょっと飲みすぎて二日酔いなったくらいでもしばらくお酒いいや…ってなりません?依存の診断が出てないのは不思議だけど依存だと思いますぅ。

 

あとはさっきから言っている、メンバーへの対応。変な話、結構しっかり者の年長者イメージだし年下には言いにくいかもね。でもリーダーには、立場を考えても、言うべきでしょ。30年やってきたんでしょ。あと「相談する人がいなくて」は酷いんじゃない?友達だと思ってた子が「私友達いないからw」って言ってたみたいなショックあることない?

 

それに、周囲にもそう。当日がトキカケ収録だったことからもわかる。その収録は、ボツになるか、編集が大変になるか、何にせよ迷惑をかける訳で。RだってDASHだってそう。3月下旬だか4月上旬だかに事務所に言ったなら、そこから病気療養とでも言って休めばいいじゃん。実際報道されてすぐ入院したなら、発覚したあたりで入院すれば嘘にはならないし。これは事務所の対応になるのかなあ。でもこれも、メンバーには言えてれば、できたんちゃうかなあって思うけど。

 

 

 

その後、TOKIOの会見があった。

 

4人はかっこよかったよ。大人の男として。彼らの発言とかも触れたいけど、ここでは置いておくとして、そこで明らかになったのが、辞表の話。

 

「いや、自分の会見までは反省して戻る気やったけど、城島くんが怒ってて、世間も怒ってて、もう戻れへんと思ったからせめての信頼回復に自分から辞表出したの見え見えやん」

 

しかも城島くんに出すのが酷い。きっとジャニーさんに直接出していたら速攻解雇だったよ。ジャニーさんは「やめたい」って言えば基本的に止めない人だもの。こう言う状況なら余計だろう。

4人は、山口くんが疲弊しきった顔をしていたとずっと言っていたし、実際心労は図り切れないと思う。「こんな怒られてしもたら辞表出した方がええな。せやかてジャニーさんに出したらほんまにおられへんくなるわ。せや、リーダーなら持っとってくれるやろ!んでオレは入院や!ひひ、見てろや工藤!」(CV:堀川りょう)なんて思ってやったとは全く思っていない。

 

ただ、根底に甘えがあるのは事実だろう。母(ジャニーズというかアイドルとかそういうものには心底興味ないが故に情報番組とかEテレとかに出てるジャニーズも平等に評価してくれる人)も「20代かそれ未満くらいの精神年齢」と言っていた。まあ世の中の人の精神年齢ってそんな高くないのでそれは言い過ぎだと思うが、言わんとすることはわかる。

事態は彼なりに重く受け止めているし、被害者の心の傷とかも理解して反省しようとしている。それをしすぎて頭が追いついていなくて、最善の選択ができなくなっているのは確かだろう。だから、もう事件発覚以降の彼の言動についてはこれ以上は言わないでおく。

 

ただ、そこまでに大きな甘えがあった。お酒に対する甘え。メンバーに対する甘え。

もし、警察から話を聞いてすぐにTOKIOのメンバーに話せていたら?きっと4人は助けてくれたし、彼が冷静な判断を欠いていたら助言してくれていただろう。ここまでのことにはならなかっただろう。そう思う。

 

ここまで山口くんに対する非難をつらつら述べたが、タイトルにある失望は、期待がなければ起こりえない。できた人間だと思っていた彼が、甘えた人間だったことが、残念なのだ。

5人のTOKIOが、6人の平家派がもう見られなくなることを、事件発覚からずっと恐れていた。きっともう、戻っては来られない。少なくとも今年は無理だろうし、数年後にもし復帰したとして、メディアには呼ばれると思えない。復帰を願う署名なんかもあるらしいが、いまはダメだ。もっと後、例えばTOKIOの30周年とかに、ベーシストとして戻ってきてくれたらとはちょっと期待したいけれど。TOKIOなら、見にきている彼をMCで話題にあげてくれたりするのではないかな、なんて期待したいけれど。今は、そういうことを言うわけにはいかない。厳しいし寂しいけれど、彼に制裁を与えることを、きっと4人は望んでいる。それが、きっと今後彼の、仲間のためになると思っている。

 

 

私たちには、怒ることしかできなかった。今後、山口達也はジャニーズでタブー化されていくだろう。今願うのは、被害者の方はもちろん、彼の前妻や子供達の将来が、2次被害を受けないでいてくれること。そして、彼が、自分の過ちを、時間をかけてでも理解してくれること。そうしたら、きっと失望は希望に変わる。正直可能性は低いし、難しいし時間もかかるだろうけど。でも、これまで私が見ていた山口くん像が完全に嘘だとは思いたくない。

*1:V6のトニセンとTOKIOの年上3人のこと。光GENJIのバックダンサーとして源氏に対して結成されたグループで、本来はもっといたけど、今残っているのはこの6人。少年倶楽部プレミアムで度々集まり、みんなで昔話をしていた。普段グループの年長者である人たちが集まって、昔の映像を見ながら昔のバカ話とか不遇Jr.時代とか語り合う。面白いのに、最後歌わせた時のギャップが魅力。気が付いたら未婚は最年長のふたりというところもミソ。