いま、思うこと。

このタイミングでのジャニオタのブログで話すこととなるとだいたい分かるだろう。ちょうど一日経ったばかりの渋谷すばる脱退に関する話だ。

 

私は今現在、推しにエイトは挙げていない。しかし、私の推し遍歴においてエイトはかなり重要な役割を担ってきていた。その話はまた後日するとして。

 

やはり、結論から言えば残念でしかない。すばるはルックスも歌も言わずもがな高レベルで、惜しい存在であるのは間違いないし、あのなんとも言えないキャラクターで錦戸亮を筆頭にみんなに愛されている。

 

彼が作り出す音楽にはジャニーズで確実に彼にしか出せない色があるし、それは映画「味園ユニバース」などのソロで音楽をする彼の姿を見た人はみんな引き込まれていくだろう。

 

それは確かに、関ジャニ∞としての彼とはまた違ったものであった。彼は否定していたし実際彼が嫌だったわけではないのだろうが、お笑い路線のエイトの姿とは全く違うものであるのは事実だ。しかしそれはエイト自体にも言えることで、バラエティ番組で面白いことをしている彼らと、コンサート等で見る彼らとは違う。バンドをやっていることからも分かるように音楽的な部分ではかなりポテンシャルの高いグループだし、ダンスをさせてもかっこいい。確かに最近はそういう面をテレビでは見なくなったかもしれないが、8UPPERSあたりの彼らを知っていれば、いや踊らせてみ?ってなる。

 

ダンスで言えば、すばるのダンスが私は好きであった。決してダイナミックだとか、パッと見て上手いダンスだとか、というわけではないのだが、あの細かい表現やステップが好き。

 

あと、すばるというと思うのは、歌の表現とか世界観の作り込みというか。わかりやすく言えばメイクだったり。 Fight for the EightとかDye.D?とか好きな人、少なからずいるでしょ???笑

 

そんなアーティスティックな彼でありながら、お茶目なちっさいおっさんで、下ネタが好きで面白くって。はたまたeighterという言葉を作った人、なんていうファン想いな面もあったり。なんかただのすばる語りになってきた。なんせ、惜しい人なのは確実なのである。

 

 

 

 

だけど、正直、とても残念でさみしいけれど、なんで!!と思うことはなかった。

 

 

 

それは、すばるが進みたい新しい道をきちんとファンに示してくれたし、メンバーもそれぞれ、本当の想いをぶつけてくれたからだと思う。

 

 

 

 

それは関ジャニでは、ジャニーズではできなかったのか?という話がきっと多く持ち上がる。それだけに答えるとするならば、否かもしれない。例えば堂本剛がよく今回の話で名前が挙がっている。自担なのでもちろん彼の努力だとかは知っているが、すばるだってそれをしなかったとかできなかったとかではないと思う。やりたくなかったんだと思う。

剛くんの場合は、ソロ活動はKinKiをKinKiとしてやっていく為にしている。だからこそ、ソロは完全に別物として、アイドルではない自分として、それを受け入れてくれる人に見せるものとして。それは、それを受け入れてくれる相方がいて、成立している。

すばるは、憶測でしかないが、自分のために海外で音楽をやりたいと思ったのだろう。そこに、それをエイトに還元するとかそういう気持ちはなかったのだと思う。それは悪い意味ではない。すばるのやりたい音楽を突き詰めれば突き詰めるほど、エイトでは浮いてしまう。かといって、エイトではやりすぎると浮くからセーブしますーなんてことはしたくない。エイトも好きだから。自分がやりたいことを、エイトに片足突っ込んだままやるのは、メンバーに失礼だしやりたくなかったのではないかと思うのだ。

かといって、剛くんのことを否定しているわけではないのは分かって欲しい。KinKiは両方がソロ活動で一人でしかできないことを、二人では二人でしかできないことをしていて、成立している。しかし、このバランスはかなり難しいものだと思う。人数が増えればなおさら。実際、KinKiでも片方のソロだけが好き、ひいてはもう片方のアンチなんてものが存在してしまっているのは事実。

 

ジャニーズ事務所は、まだ小さい頃に仕事を始め、個人差はあるにせよ若いうちにデビューして、自分の本当の夢をその途中で見つけることは多くあると思う。それが役者にせよ歌手にせよ、もっと違うことにせよ、事務所にいながらできることもあればできないこともある。それは事実で、実際に全く違う世界に飛び立った例なら、SMAPの森くんが分かりやすいだろう。

今回も同じだと思う。彼のしたい音楽活動は今のジャニーズにはなくて、新しいことを始めるに当たって、全く新しい場所から始めたい。そんなに不思議な話ではないと思う。

しかしまあ、一つの大きな事務所に所属し、人気グループに所属しているアイドルである以上の責任がある。正直、今ジャニーズにいるがアイドル活動が一番したいことではない人は、結構いるだろうなと思う。だが、その人たちがジャニーズを、グループをやめるという選択をしない大きな理由は、この責任なのだろう。

 

すばるはこの責任は、きちんと果たしたあるいは果たそうとしているのであろうと思う。グループをやめることによって、一番迷惑のかかるメンバーには、きちんと事前に話しているし、想いは全て伝えている。もちろんメンバーも納得しきった顔ではなかった。しかし、渋谷すばるという人間をよく知っていたからこそ、彼の想いを理解することにしたのだ。ファンに対しては、きちんとした会見という場で、しっかりと想いを伝えてくれた。海外で音楽がしたい。それはジャニーズではできない。目指す先輩はいない。決まっている仕事はしなければならないから、早めに伝えなければという想い。しっかり考えてるなと思った。納得はできなくても理解しなければならないことなのだな、すばるの本当の想いなのだな、と。

ではコンサートはなぜ出ないことになったのか…それは正直よくわからない。すばるの為のコンサートにしたくない想いからなのか、すばるは出たかったのか。どちらにせよ、ツアーとは別でもいいからeighterのために会う場所くらい設けてあげて欲しいなとは思う。

 

 

 

 

ここまで書いて、勘の良い人は薄々気づいているかもしれない。自分のしたいことがあるから、とグループと事務所を辞めていった人は最近でも一人いた。KAT-TUN田口淳之介だ。

SMAPの件は大人とか関わってたりなんか正直もう何が正しいのかわからんのでなしで。)

 

私は、4人時代のKAT-TUNにハマりかけていた。こういうと2人のファンには怒られてしまいそうだが。田中聖の脱退でみんなで話し合って、やり直そうという意思を強く感じていた。タメ旅で見せる雰囲気も好きだった。中でも田口のダンスは大好きだった。少年倶楽部プレミアムで光一さんに褒められていたのも記憶に新しい。彼はダンスが好きで頑張ったのだと知った。応援したいと思った。

この4人は同じ方向を向いていて、やり直して頑張っていくんだと思っていた。楔は苦しいほどに刺さったし、4UやPhoenixは苦しい時代を乗り越えた彼らの象徴のようで、名曲になっていくんだろうと勝手に思っていた。

 

その矢先だった。

 

忘れもしないベストアーティスト。

リアルタイムで観ていた。本当にびっくりした。嘘だろ?以外なかった。実感も湧かなかった。きっと後に詳しい説明があるんだろうと思った。あるにはあったが、どれもピンと来なかった。田口淳之介が今、この状態のKAT-TUNを辞めてまでやりたいことが理解できなかった。というか、教えてくれなかった。まあ、ファンに多くを語りすぎるべきではないかもしれないが…その時はもう、予てから噂のあった結婚説を信じることにしていた。そうしないと理解できなかった。もちろん、結婚説なんて納得はできないが、、、

Myojoの10000字インタビューも読んだ。2人がいなくなった時の辛さや同じ思いをまたさせてしまうメンバーへの謝罪があった。インタビューでも明確なことは語られなかったが、その思いがあるなら、よほど考えてのことなのだろう、理由があるのだろう、と言い聞かせた。そして彼は様々な番組で花束を渡され、祝福されるようにして去っていった。

 

つい最近だった。田口淳之介の曲を聴いた。ソロ活動は知っていたが、脱退して割とすぐにCDを出したことに嫌悪感を抱いていたので、ずっと観ていなかった。やはり、理解はできなかった。聖や赤西仁のように、音楽性が高いものというよりは、アイドルに近いような気がしたからだ。これが、グループを辞めてまで彼がしたかったことなのか?結婚もまだしていない。結局、よくわからなかった。

同じ頃に、KAT-TUNが活動再開した。そして、最近、私立スマホ中学という企画で道徳を教えているのを観た。心が痛かった。


KAT-TUN:道徳「不屈論 -ギリギリでいつも生きてきたから-」前編【私立スマホ中学】

 

正確にいうと私が観て欲しい部分は後編にあるのだが、暇さえあれば両方見てもらって損は無いと思う。

 

上田竜也の言葉が、本当に悲しかった。彼は、彼らは私たちと同じ思いをしていた。もう一度やり直そう、今度はきちんと話し合おう。そう思っていた。実際、上田さんと田口は4人になってから一層、番組で上田口とかいって関係が見えていた。あれは、上田さんなりにみんなと話して、仲良くなるべきだと考えた上での結果だったのだ。それなのに。彼は後悔していた。まだ足りなかったのだと思っている。彼自身はそうすることで救われているというが、こんなに悲しいことがあってたまるか。それに、この話を聞く限り、亀梨中丸も皆、止められなかったという認識のようだ。充電期間に、何が悪かったのか?という話をしたという。つまり、納得も理解もしていないのだ。田口淳之介が脱退した本当の理由は、メンバーにも明確には知らされていない。

 

彼が旅立っていくのに全く納得できないまま、周囲のお祝いムードをメンバーはどう見ていたのだろう。考えるだけで苦しい。

今回の渋谷すばるの一件は、この経験からすると、とってもいいものだったと思う。もちろん、下を見てしまってはいるが…きちんとした会見で、理由も明確だった。彼のことだから嘘もつかず、海外で活躍する姿をきっといつか見せてくれるはずだ。関ジャニにいては見れなかった世界を見せてくれるはずだ。そう信じたい。他のメンバーが、すばるのことを止められなかっただとか、話し合いができなかっただとか、そういう後悔を残すような結果には絶対にしてはいけない。きっと大丈夫だと思うが。

 

 

 

正直、私たちが6人の関ジャニ∞に慣れるには相当時間がかかるだろう。NEWSの時もそうだ。私は6人時代の正統派なNEWSが好きだったので、もちろん今も輝いていると思うし好きではあるが、NEWSの音楽を全てシャッフルで聞くことはできない。6人の曲と4人の曲は別で聴きたくなる。今絶大な人気を得ていて、かつメインボーカルのすばるなら尚更だろう。

だが、今回の件は確実にプラスのものなのだと、私は思いたいし、そうなってほしい。田口の時は脱退の日まで撤回してくれないかと思っていたが、すばるは撤回されたら逆に怒る。もちろん、エイトのメンバーと戯れるすばるの姿が見れなくなることはとっても寂しいし、できることならそれだけでも放送して欲しいものだがそうもいかない。本当に関ジャニ∞が好きな人はきっともっと複雑な思いをしているだろうから、私くらいは受け止めて、素直に門出を祝いたいと思う。そのためにその日までもう少し心の整理をしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ここんとこ記念イヤーの直前に心をへし折られることが多すぎる。しかもどれも、記念イヤーのコンサートには出ないとか開催されないとかばかり。ジャニオタはしばらく、記念イヤーが怖くなってしまうかもしれない。