お知らせ Seesaaに移転しました

はてなブログで「あなたのことを愛せてるかい?」というブログを書かせて頂いている者です。以前、今ここで使っているURL(http://www.stkkthc.com/)を使用していましたが、はてなブログProをやめることにしたため、独自ドメインが使えなくなるので、こちらのSeesaaブログに移転致しました。 なお、以前のブログも残しており、あちらをメインのオタク活動ブログ、こちらを社会問題に触れたり日常を書いたりするブログと分けて使用していくつもりです。もし以前のブログをご覧になるつもりでこちらにいらした方がいらっしゃれば、URLがhttp://stkkthc.hatenablog.com/に変わっていますので、そちらの方へ移動お願いいたします。(もしよければ、URL変更に伴ってスターが全消えしたのでぽちって頂けると喜びます。) 亀更新の個人的なしょうもないブログですが、見にきてくださっている方、ありがとうございます。

続きを読む

いわゆる”世間”の差別認識の問題

    先日、「怒り」と言う映画を見た。映画自体も良かったのだが、この映画では妻夫木聡と綾野剛が恋人役で出演していることも、公開当初話題になっており、知っている人も多いと思う。   近年、BLモノのドラマが人気になり、BL漫画が実写化されたりと、世間のBLへの許容、そして人気が高まっている傾向にある。そもそもBLに限らずサブカルチャー的なものがメインカルチャーになっていっているのが今の世の中の傾向なんだと思う。     多分大きな理由は、インターネットの普及で弱い者の意見が力を持ち始めたことだろう。美形同士の絡みとかって実は潜在的に女子は好きだと思う(もちろんダメな人もいるだろうが)んだが、今まで、強い意見としてどこか「ホモとかキモい」みたいな意見があって、そういうものとして育っている人がカーストの上位を占めていたから、BLはサブカルチャーだった。だが、近年、そういうサブカルチャー好き同士がSNSで知り合ってコミュニティを大きくしていること、そして、LGBT差別撤廃への世間の動きのせいもあり、大声で「ホモがキモい」とか言えない世の中になったことから、そういうドラマが世間に許容されていっているんだと思う。   ぶっちゃけ言うと、私は、こう言うドラマ(多くの人が、最近流行ったBLのドラマって言って思うだろうやつ)は好きではない。ゲイが逆にいじられている感じがするのだ。ゲイの人だって、好きでゲイでいるわけではない。だからこそ、もちろん差別されるべきでもないが、かと言って、嫁のいるイケメ…

続きを読む

NGTの事件に見る今のアイドル界と今の48グループ

  NGT48が、もうどうしようもない、ボロボロの雑巾の綺麗な部分だけをかき集めてなんとか保っているような状態だ。   正直言うと、今現在濃い48のヲタクをしているわけでもないし、新潟にいるわけでもないし、あの事件のことを何か知っているとかそう言うわけでもない。ただ、昔48グループを推してたことがあるだけの、ニュースを見たただの一般人だ。   だから、本当の悪人が誰なのかとか、関わったメンバーが誰だとか、山口真帆と運営の見解はどちらが正しいとか、そう言うことは正確には言えないし、決めつけるつもりもない。NGTがこれからどうなるのかも、私には分からない。     だけど、この事件は、12月に起きた事件とそれに対する運営の対応(これに関しては散々叩かれているから詳細は除くが実際悪かったとは思う)だけでなく、もっと深い部分、NGTというグループの結成だとか、もっと言えば48グループの運営体制だとかが大きく関わっていると思う。     AKB結成当初のことはさほど詳しくはないが、私がSKEを推していた2010年代前半頃の48グループは、今ほど混沌としていなかった。存在した姉妹グループもSKE、NMBくらいで、ちょっとしてHKTが出てきた頃だ(海外については除外)。それらはAKB48の姉妹ではあったが完全に別人で、それぞれにキャラも立っていて、姉妹たる所以は「会いに行けるアイドル」として握手会商法や劇場公演をしていたことが共通していた程度。一番売れている長女であるAKBに、姉妹グループの人気メンバーがちょっ…

続きを読む